触れると和む♪ ふわふわな猫そら

心が優しくて、正直で、悪い言葉が苦手な娘は

赤ちゃんのころから、とっても繊細でした。

いつも妖精さんと仲良しだったり、神様のお話をずっとしている子で

13才になった今は、小さな哲学者のようです。

もう、世の中のしくみ(ココロについて)何でも

知っているようです。

そんな娘は、5年生の1月から不登校になりました。

いじめではないし、お勉強も嫌いではなかったけれど

クラスの中に30人が居る空間が息苦しくなって。。

もうみんな成長して、一人当たりのスペースが少ないことや

同じ方向を向いて並んでいる机や人が気持ち悪く感じてしまう

過敏な時期がありました。

そんなときに、いつもタッチが助けてくれました。

娘のことばかりかんがえていたら、

オーラが娘ちゃんの色になっているよって言われました(*^^*)

このころ、自分がほとんどいなくなったようで・・

新しいさと子が誕生して、いろいろふっきれたんだと思います。

そんなときにやってきた、猫そらくん。

柔らかくて、ふわふわ、まんまるの目で、のんびりで

ゆったり動いて、いたずらもジャンプもあんまり上手じゃない

猫のそらです。

過敏になっていた娘の感覚を、五感で癒してくれました。

中でもやっぱり、触覚がとても大切な気がしています。

・・・

明日から新学年のスタート。

そわそわして、落ち着かなくてレメディーを自分で選んでいました。

「落ち着きのないとき」のものをちゃんと、自然と選んでいたのは

さすがですね~こどもたちって、パワーを自然につかっているんだなぁ。

あした、笑ってくれていたらそれでいい。

学校に行こうと決めて、準備をして、心を整える努力をしてる♪

いいぞいいぞ~って こころで応援。

わたしも猫そらに癒されて、あしたを笑顔で迎えよう。

タッチケアはやっぱり奥が深くて素晴らしいなぁ。

モンテッソーリ教室

おすわり~3さいの「ひとりでできた」を優しく見守る【モンテッソーリ教室】

0コメント

  • 1000 / 1000